資格によるメリット


登録販売者の資格を取ることによって、メリットが多く生まれます。

実は登録販売者の資格を取得することによって、独立開業が可能です。登録販売者の資格制度が施行されるまでは、薬剤師、あるいは薬種商しか店舗の開業はできませんでした。ですが、登録販売者の資格を取得して、実務経験の条件を満たせば店舗管理者になることが出来ます。コンビニエンスストアの中に医薬品を置くようなお店のオーナーになることも出来ます。

また、どこでも働くことが出来るという点も魅力だと言えます。登録販売者が働く場所は、ドラッグストアやコンビニエンスストア、それに家電量販店、調剤薬局、大型のスーパーマーケットなどになります。地域にもよりますが、大体どこの地域でもどれかのお店がありますし、資格や経験を生かして働くことが出来るのです。

地方の街に行った場合、新しい仕事を見つけるのが大変になることもありますが、登録販売者の場合だと、どこに行ったとしても新しい仕事先を見つけることが出来るのです。また、ライフスタイルに合わせても働き方を変えることが出来るのも大きな魅力だと言えます。この資格は国家資格ですから、取得してしまえば有効期限もありませんので、一生ものの資格として使うことが出来ます。結婚や育児などで仕事を離れたとしても、復職がいつでもできるようになっています。